mixiやモバゲーは過疎ってる?趣味友作りにおすすめできない理由


mixiやモバゲーには、様々なコミュニティがあります。
読書やゲーム、映画などのメジャーなテーマから、ちょっとマイナーなテーマまで様々な種類があるので、自分の興味があるコミュニティを見つけることができるでしょう。
興味のあるコミュニティに参加すれば、趣味友を作ることもできます。

しかし、最近ではmixiやモバゲーを使って、趣味友を作るのは難しくなっています。

以前はコミュニティに参加すれば高く確率で作れたのに、最近では作りづらくなっているのです。
mixiやモバゲーで趣味友が作りにくくなっているのは、全体の会員数が減り過疎っているからです。

全体の会員数が減り過疎になると、それぞれのコミュニティに参加する人も減ります。
かつては賑やかだったコミュニティも、活発に利用されることはなく、ほとんど使われていません。

ほとんど使われないコミュニティに新たに参加したところで、参加者と交流するのは難しいでしょう。
また、活発に使われているコミュニティでも、新規の参加者が交流するのは簡単なことではありません。

古くから続いているコミュニティには、古参と呼ばれるベテラン参加者が多くいます。
それらの古参同士で交流しているところには、新規の参加者は入って行きにくいです。

過疎っていても活発なコミュニティのどちらでも、これから新たに参加して趣味友を作るのは、難しいのが現在の状況となっています。
こうした交流しにくい状況になっている原因は、後発のSNSの影響です。

新しいSNSが登場すると、SNSを積極的に活用している人は試してみたくなります。
試してみたところで不便だと感じれば、既存のSNSに戻ることもあるでしょう。

しかし、mixiやモバゲーのあとに登場したSNSは、使いやすく交流もしやすい便利なSNSでした。
そうすると、利用者は使いにくいSNSから使いやすいSNSに流れていくのは当然です。

最初は併用していた人も次第に不便なSNSは使わなくなり、結果的にmixiやモバゲーは利用者が減ってしまい、現在の過疎の状況ができあがりました。
胃亜mでは両者とも新規利用者は大幅に減り、これまで使っていた人も利用しなくなったり、退会する人が増えていたりするのです。

利用する人が減って過疎化が進むSNSでは、交流することはできません。
たとえ仲良くなっても、将来的なことを考えると、できるだけ避けておくのが無難でしょう。
ですから、これから興味のある趣味を通じて交流できる友達を作りたいなら、mixiやモバゲーはおすすめできません。

今から趣味友を作りたいなら、利用者が急増している他のSNSです。
現在利用者が急増しているSNSにも、様々な趣味を持つ人が参加しています。
それぞれのテーマでコミュニティを作っていなくても、フォローすることで交流は可能です。
同じ趣味を持つ人を積極的にフォローして繋がることによって、新たな趣味友を作ることができるでしょう。
ネットで趣味を通じて交流するなら、他のSNSを利用するのがおすすめです。

しかし、現在利用者が増えていて交流のしやすいSNSも、将来的に安泰とは限りません。
かつては一世を風靡しながら廃れてしまったSNSのように、利用者が大幅に減ることも考えられます。
利用者が減ってしまうと、現在人気があるSNSも、一気に過疎化が進みます。
そうすると、友達作りにも影響が出てくるでしょう。
これからも継続的に友達を作り交流していきたいなら、常に新しいSNSの情報を集めておくことが大切です。
また、これからネットで友達を作りたい人も、新しくて人気のあるSNSを選ぶようにすれば、簡単に同じ趣味を持つ仲間と仲良くなれます。